マンションや戸建て住宅の不動産仲介のことならお任せください!

Column

不動産投資

物件の土地活用

物件の賃貸・管理

物件の購入

一戸建ての修繕計画と修繕積立金について

マンションをお持ちの場合だと、毎月の修繕積立金・管理費が口座振替(引落し)となっている方が多いかと思いますが、一方で戸建住宅にお住まいの場合には、毎月のこうしたランニングコストがかからない分、不測の出費として修繕費用が発生してしまうケースがあります。
今回は、戸建住宅の長期修繕にかかる費用についてのお話です。


<戸建住宅の長期修繕で発生する項目>
戸建住宅の場合だと、修繕箇所としては「壁・外壁」、「屋根」、「トイレ」といった箇所が上位にくる傾向があります。

戸建住宅の屋根や壁を修繕する場合には、足場を組む必要があります。

修繕にかかる費用の目安については、平均約100万円といった計算になります。

もし屋根の修繕を検討されている場合には、併せて壁の修繕も行ってしまった方が、トータルとしては費用を抑えることができるかもしれません。


<戸建住宅の修繕の時期>
修繕の時期についても、平均すると15~20年で1回という回数が多いです。

ただ、この数字の中には、実際に雨漏りがしてしまったために修繕した、というように、予防ではなく被害への対処とする工事も含まれます。

建物の維持管理及び予防という面から考えると、もう少し短いスパンで考えた方がよさそうです。


<自主的な修繕積立金制度>
仮に安心な長期修繕計画の設計を検討した場合、15年に1回のペースで200万円の修繕費が出費される、とスケジュールしてみます。

毎月1万円を積み立てていけば、15年後には180万円を用意することができます。

実際に戸建住宅にお住まいの方で修繕積立金を用意している方は1割未満のようですが、建物の維持管理の面からは、賢い選択かと思います。

また、積立をしない場合でも、15~20年くらいで約200万円の費用が発生する、という認識は持っておきたいものです。


修繕費用を抑えるには不具合の早期発見も重要になります。ちなみに建築のプロでなくても見つけられる不具合が多くありますので、年に1回の自宅の定期点検を実施していただく事をおすすめ致します。外壁にヒビ割れがないか、点検口からのぞいた屋根裏や床下に雨水や漏水のシミがないか、ご自身の目でチェックをしていただければ幸いです。

戸建住宅の購入を検討される場合でも、最後に修繕を行ったのはいつなのか、現時点で心配している箇所はあるのか等も、しっかりヒアリングしたうえで、実際に物件をチェックするようにしましょう。


こうした注意事項を全てご自身でチェックすることは難しいこともありますので、その場合には信頼できるエージェントと一緒に物件の見学に行っていただくか、当社までご相談頂ければ幸いです。

お問い合わせ